上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

■ストップ高の持ち越しは有効か?

ストップ高とは値幅制限によって、その日の上限いっぱいまで株価が上昇した状態をいいます。
ストップ高になってしまったら、もうその日はそれ以上は上がらないというのに、多くの買いが入って我先にと買い板が厚くなっていきます。「特買」の状態ですね。
これは例えて言えば、もう満員電車で中に入りたいのに入れず、それでも後ろから人が押し寄せてくる感じでしょうか。。。

・ではなぜそんなに買いたいのでしょうか??

それは翌日以降も「上がる」と多くの人が思うからです。

・でも、、、はたして本当に上がるんでしょうか?

それは…う~ん、なんとも言えないのですが…
ボクの経験上、上がることが多いです。
ただし、必ずしも上がるわけではない!!

それはS高の買いの勢いでも違ってくるし、突然のニュースで下がることもある。。
あと、翌日の相場環境や、材料出つくしで下がってしまうこともあります。

このストップ高の持ち越し狙いはとてもリスクが大きいものだと思います。
ただ、普通に考えてみると、ストップ高になるというのは買いの勢いが半端じゃないということ。
上昇の勢いがある銘柄に投資するのは当たり前のことですよね。

ボク自身はたまにストップ高の持ち越しします。
これに関しては、勝率はわりと高いです。
しかし、買いたくても買えないことがよくあります。
もう気がついた時にはストップ高で張り付いていて、とてつもない特買の状態が出来上がってしまっていたりとか…。
あとストップ高で張り付いても、すぐにはがれて下落していくこともありますし、買うタイミングも重要になってきます。

ただし、もし強いストップ高で買えたのなら、翌日のGUに期待してもいいのではないでしょうか?
もしかしたら連日ストップ高なんてことになるかもしれませんよ♪

スポンサーサイト
2006.06.25 Sun l 投資法 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

ストップエイズ・・・伊蔵ですm(_ _)m
確かにスト高はおいしいのですが、人気のあるスト高銘柄は貼り付いちゃってまず買えないんですよね。
比例配分で買えた試しがないし・・・。

だからって、スト高にいるからって買い向かったりして、スト高剥がれたら最悪ですしね・・・。
スト高狙うタイミングってなかなか難しいですよね。

僕の思う安全なスト高。
1、買った銘柄がたまたまスト高に貼りついた時。
これなら例え剥がれても、下で買ってるので、買値まで戻ってくるようなら売ってしまえばいいし、もし次の日GDしても、前の日にスト高より下で買ってるので、例え買値より下がっても損額も小さくて済む。
2、比例配分でゲット!
これは、場中にスト高買いするよりも、剥がれる心配がない分安全。
例えば、13時にスト高貼りつきに買いを入れて約定してしまった場合、残り2時間で剥がれて暴落しないなんて保証はない。
だったら、比例配分を狙って14:58分くらいに成り買いを入れたほうが安全だと思う。
買えないことがほとんどだけど、もし買えたら儲かる確立は高い。
買えなかったら縁がなかったと諦めるしかない。

ひさちゃんさんはどのタイミングで狙うのがいいと思います?
おせーてください!
2006.06.25 Sun l 伊蔵. URL l 編集
ゴムを配りましょう!!
伊蔵さん、すばらしい狙いですね!!
1も2もかなり有効な方法ですよ~♪
ボクもそれやってみます(*´∇`*)
やはりみんなスト高は狙っているんですね。

ボクはギャンブル的に「剥がれたところで買う」っていうのをやっています。
早くにスト高になってしまう銘柄は一度剥がれることがあります。下がってきたところで狙うのです。
ただし、底を確かめることが重要です。
そして買いの勢いも感じ取らなければならないので難しいですが…。

あとはボクの場合とりあえず、スト高の1、2ティック下で買ってみる(ロット少なめで)
。その辺まで買いあがると大抵スト高に触ることが多いので、そこで見極めるんです。
剥がれたりしたらすぐに同値で撤退か、もしくはロスカット。

ボクはけっこう危険なことしてますね(*´ー`)


ちなみに金曜は比例配分でネクシィーズ買うことができました☆
2006.06.25 Sun l ひさちゃん. URL l 編集
こんにちはw鈴です。

リンクの件でご連絡差し上げました。
この度、株ブログを別に作ったのでそちらの方で
新たにリンク貼らせていただきました。

これからもよろしくお願いします^^
2006.06.25 Sun l 鈴(リン). URL l 編集
鈴さん
お久しぶりです☆
株ブログを作ったんですね♪
では、ボクもそちらにリンク貼らせて頂きます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
2006.06.25 Sun l ひさちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisachankabu.blog64.fc2.com/tb.php/87-6d70cdae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。