上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前回はeワラントのメリットについて書きましたが、今度はデメリットについてです。
全然「eワラントのススメ」になってませんか?
いや、ボクはこのマイナス面を補って余りある魅力があると思います。

いきなり含み損・・・
初めてeワラントを買うとみんな驚くと思います。
それは買った瞬間に含み損が発生することです。
スプレッド(買値と売値の差)が大きいのです。
買値で現在値が表示されるので、スプレッドの分マイナスになるということです。
ロットが小さければそんなに気にならないのですが、大きく張るといきなりマイナス何千円とかになってびっくりしますよ。
つまり、利益を出すためにはスプレッドでマイナスになった分と手数料分以上の上昇をしなければならないわけですね。なんかハンデをおってる気分になります。。。

満期日?権利行使価格??
ボクはこういうのが「eワラントってわかりにくい・・・」って思うんです。実際、いまだによくわかってません。。。
説明だと、『eワラントとは、満期日に権利行使価格と対象株価の差額を受け取る権利を持った証券』とあります。
なんじゃ、そりゃ??って感じですよね。でも普通は満期日前には売却するので、いつが満期日なのかを知ってる程度でいいと思います。eワラントも株と同じく買った日からすぐ売ることができますので。
要は期限付きの商品だということなのです。
権利行使価格・・・このへんは具体的に例をあげてみたほうがわかりやすいかと・・・・

【例】 ソフトバンク・コール・第1回・(権利行使価格)4000円・
(満期日)2007年1月15日

とこんなようなことが書いてあったとします。今のソフトバンクの株価が2000円くらいだとすると、権利行使価格までものすごい差があることがわかりますね。
つまり満期日までに株価が4000円にならないと権利がなくなる・・・無価値、投資金が0円になってしまうということなのです。
なので買う時はなるべく原資産価格と権利行使価格が近いものを選んでください。

満期日が近づくと価格が下落
eワラントは時間が経てば経つほど価値がなくなってきます。それは先程説明したことですよね。
わかりやすく言うなら、スーパーで賞味期限が近づいたものを安く売りますよね。賞味期限切れの物は売れないのでその前に安くても売りたい!みたいな。そんな感じ?
「じゃあ、結局買っても下がりっぱなしなの?」って思うかもしれませんが、前にあげた例でいうと「ソフトバンクが急騰して4000円に近づいてきたー!!」ってなったら強い上昇なので、時間的な価値の減少を感じさせないものになります。
要は原資産が上がれば儲かる。下がる、もしくは横ばいなら損するという感じです。

ちょっとはeワラントのことわかってきましたか?
余計分かりづらくさせてしまったか・・・(;´Д`A ```

【初心者におすすめのeワラントの買い方】
・実行ギアリング(倍率みたいなものです)3~5倍程度
・eワラント価格15~30円
・満期までの期間2~3ヶ月以上
・リスク度1か2
・コールの場合、原資産の価格は権利行使価格の前後かそれ以上

↑雑誌にちょこっと書いてあったものです。これはかなり安全な買い方だと思います。
いちおう目安程度に・・・。ボクはもっとリスキーな買い方ですけどね(*´∇`*)
スポンサーサイト
2006.08.27 Sun l eワラント l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisachankabu.blog64.fc2.com/tb.php/175-19287e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。