上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ボクはつい最近までeワラント(カバードワラント)のことを知りませんでした。
「小額投資といったら株っしょ!」みたいに考えていましたし・・・。

eワラントを教えてくださったのは「小額投資ならeワラントで勝負!」のブログを運営されてるペコさんです。(自身でHPも持っておられるのでeワラントについてもっと知りたいという方は参考になると思います。)

ペコさんの記事を見てみるとソフトバンクや、トヨタ自動車みたいな普通の株の銘柄が書いてあるではないですか!あと調べてみると日頃よく見る日経平均なんかもあることを知りました。
もともと株に興味があって投資を始めたので、普通の銘柄があるなら、ちょっと面白いかなと思いボクも始めてみた感じです。

じゃあ、何が普通の株と違うのかというと・・・

取引時間が長い
9:00~23:50までやってます。普通に仕事してる方だと昼間は取引できないので、夜までやってるというのはうれしいですよね♪

下落相場でも対処できる
これは株式でも信用口座を持ってる方なら「空売り」があるので、下がって儲けることはできますね。しかし、ボクのような10万~20万くらいで投資をしてる場合、信用が使えないので下落相場では対処できませんでした。
しかしワラントではプットというものがあります。簡単にいうと「空売り」と同じようなものだと考えてください。原資産(元になってる銘柄、例えばソフトバンクなど)が値下がりすればプットの価格は上昇するというシステムです。

小額から優良銘柄が買える
普通に株を買う場合、みずほFGと住友金属工業とソニーと・・・なんて買ったら何百万もかかりますよねぇ。。。とてもボクには手が届かないです。。。
でもワラントなら買えてしまうわけです!だいたい2~3万くらいでこういう銘柄も買えます。
ボロ株買うくらいなら、こっちのほうがお得だと思います。

ダイナミックな値動きをする
どうせ2、3万だったら儲かっても何百円単位じゃないの?って思うかもしれませんが、ワラントは違います。
レバレッジ効果(てこの効果)を利用して、実際の投資対象銘柄より価格変動が大きくなるように設計されてます。
一方、リスクに関しては、最初に投資した金額以上に損することはありません。最大の損失でも当初の投資金額だけです。
うまく利用すれば株よりも効率よく儲けることができるわけです!

どうですか?やってみたくなりませんか?

↑なんかうさんくさい勧誘みたくなってますが(;´Д`A ```

今回はメリットばかりを載せましたが、デメリットもあります。
それは今度書きますです。

あっ、口座つくりたい場合、楽天証券に口座持ってる方だとあっという間にワラントの口座つくれます(マツクマさん情報)。画面の指示に従ってクリックするだけです。手数料は1約定5万円まで262円とワラントとしては安いです。
あと松井証券も一瞬で口座つくれるそうです♪(shin5さん情報

(ボクはEトレでも口座持ってるんですが、こっちはわりと時間かかりました。。。書類請求して、来た書類にハンコ押して送り返したりと・・・)
スポンサーサイト
2006.08.26 Sat l eワラント l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

背中を押されたよ
ワラントってよく分らんって感じの損切り先生ですが、チョッと勉強してみたくなりました。
2,3万の負けで済むなら、パチンコや株価下落のリスクより限定的ですね。

ちょっと勉強しに行ってきます♪
2006.08.26 Sat l 損切り先生. URL l 編集
先生
おっ!先生もやる気になりましたか(*´∇`*)
うさんくさい書き方しましたけど。。
2、3万は一応目安としてですが、最小単位が1000wrですから1万以下で買えるものもあります。もちろん何万wrとか買うと儲けも大きいですが、その分リスクは上がってきますね。
信用のように追証とか発生しないのでその辺はリスクが少ないと思います。
2006.08.26 Sat l ひさちゃん. URL l 編集
松井も一瞬で口座開けましたよw
2006.08.26 Sat l shin5. URL l 編集
shin5さん
あっ!ほんとですか♪
情報ありがとうございます~。
遅いのはEトレだけなんでしょうかねぇ。。。
2006.08.26 Sat l ひさちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisachankabu.blog64.fc2.com/tb.php/174-e77380b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。